NEWS

クールジャパン動画コンテスト2021表彰式レポート

 3月26日、クールジャパン動画コンテスト2021の表彰式を開催し、一般部門、地方自治体部門の受賞作品12タイトルを発表しました。受賞作品は、いずれも日本各地の美しい自然や、その土地に宿る歴史や文化が高いクオリティで表現され、日本の魅力を世界に発信したいという熱意が感じられるものでした。
 表彰式は新型コロナウイルスの影響を考慮して、受賞者は全員オンラインでの参加となったほか、一部の審査員もビデオメッセージでの参加となりましたが、プレゼンターとして若宮健嗣クールジャパン戦略担当大臣も出席され、受賞作品への講評と共にコンテストに参加してくださったすべての応募者へのメッセージを贈ってくださいました。

表彰式のタイトルバック

表彰式のタイトルバック

 表彰式は、当コンテストの審査員長を務めた辻芳樹氏のビデオメッセージからスタート。表彰の前に応募総数414作品の中から最終選考にノミネートされた48作品が紹介された後、今回のコンテストやこれからのクールジャパン発信について、審査員の皆さんがそれぞれの知見を踏まえフリートークで未来を語るトークセッションへと続きました。

ノミネート作品
ノミネート作品
ノミネート作品
ノミネート作品
ノミネート作品
ノミネート作品

全ノミネート作品をスクリーンに投影して紹介

クールジャパンの発信について、審査員がそれぞれの意見を活発に発言

クールジャパンの発信について、審査員がそれぞれの意見を活発に発言

 トークセッション「クールジャパンプラットフォームの未来」では、応募作品から感じる食と食文化の可能性や、海外でも人気の高い日本の自然や文化を発信していくために有効なWeb3.0の時代のコミュニティについて活発な意見が交わされました。ネットの世界で自由な表現、発信ができる現在において、コンテストでの応募という主体的な行動だけではなく、すでにネット上に溢れている優良なコンテンツの発掘をどのように行うべきかという今後の課題も明らかになる有意義な内容でした。

 トークセッション後、各部門の奨励賞から受賞作品の発表が始まりました。発表の前にすべての作品を会場で上映し、その後オンラインで式に参加している受賞者が作品への想いや受賞に際してのコメントを語りました。

一般部門 クールジャパン奨励賞

●Feel Fukuoka Japan
●ピザのすけ
●Tomato Red Motion

地方自治体部門 クールジャパン奨励賞

●一般社団法人しもきたTABIあしすと
●福島市商工観光部観光交流推進室
●三島市役所

オンライン出演した奨励賞の受賞者と審査員の記念撮影

オンライン出演した奨励賞の受賞者と審査員の記念撮影

 続いて各部門の優秀賞が発表され、同じく作品の上映とオンラインで参加した受賞者がコメントを寄せました。

一般部門 クールジャパン優秀賞

●株式会社 まちづくり小浜
●株式会社テーブルクロス

一般部門で優秀賞を受賞した、株式会社 まちづくり小浜の「鯖街道 針畑越えトレイル(Sabakaido, Harihatagoe Trail )」

一般部門で優秀賞を受賞した、株式会社 まちづくり小浜の「鯖街道 針畑越えトレイル(Sabakaido, Harihatagoe Trail )」

一般部門で優秀賞を受賞した株式会社テーブルクロスの「Sushi Making Class in Tokyo at a Michelin-Starred Restaurant」

一般部門で優秀賞を受賞した株式会社テーブルクロスの「Sushi Making Class in Tokyo at a Michelin-Starred Restaurant」

地方自治体部門 クールジャパン優秀賞

●福井県高浜町
●一般社団法人鳥羽市観光協会

地方自治体部門で優秀賞を受賞した福井県高浜町の「Reconnect with your ZEN」

地方自治体部門で優秀賞を受賞した福井県高浜町の「Reconnect with your ZEN」

地方自治体部門で優秀賞を受賞した一般社団法人鳥羽市観光協会の「TOBA IS YOUR OYSTER(鳥羽は可能性がいっぱい)」

地方自治体部門で優秀賞を受賞した一般社団法人鳥羽市観光協会の「TOBA IS YOUR OYSTER(鳥羽は可能性がいっぱい)」

 最後に各部門の最優秀賞が発表されました。一般部門最優秀賞に選ばれたのはザ・リッツ・カールトン日光さんによる『Deep Nikko』。日光の自然、歴史文化、食の恵みを幻想的な演出で美しくまとめた作品が一般部門最優秀賞に輝きました。
 また、地方自治体部門最優秀賞に選ばれた栃木県産業労働観光部観光交流課さんの「Geo Gastronomy」は、食と文化の関係を考察するガストロノミーをという切り口で栃木県の魅力を映像化。日本各地はもちろん、日本全体の紹介にも活かせるコンテンツの在り方を提示してくれました。

一般部門 クールジャパン最優秀賞

●ザ・リッツ・カールトン日光

一般部門で最優秀賞を受賞した、ザ・リッツ・カールトン日光をオンライン表彰

一般部門で最優秀賞を受賞した、ザ・リッツ・カールトン日光をオンライン表彰

地方自治体部門 クールジャパン最優秀賞

●栃木県産業労働観光部観光交流課

地方自治体部門で最優秀賞を受賞した、栃木県産業労働観光部観光交流課をオンライン表彰

地方自治体部門で最優秀賞を受賞した、栃木県産業労働観光部観光交流課をオンライン表彰

オンラインで参加した最優秀賞受賞者と記念撮影

オンラインで参加した最優秀賞受賞者と記念撮影

 表彰が終わると、若宮大臣によるまとめの講評が行われました。作品のレベルの高さやそこに込められた想いを賞賛するとともに、政府としても、今回選ばれた優秀作品を受賞者の皆様やクールジャパン・アンバサダーと協力しつつ、在外公館等を通じて国内外に広く発信していくことにより、新たな日本ファンの獲得、さらには日本のソフトパワーの強化につなげていきたいと語りました。

若宮クールジャパン戦略担当大臣による講評

若宮大臣による講評

 主催者としては、コンテストに参加していただいた多くの方の力を日本の魅力発信のポテンシャルとして認識しつつ、引き続き日本の持つ魅力発信に力を入れていく予定です。

表彰式終了後に行われた、各賞受賞者、若宮大臣、審査員による記念撮影

表彰式終了後に行われた、各賞受賞者、若宮大臣、審査員による記念撮影

twitter公式アカウントはこちらから

PAGE
TOP